トップ

葬儀の情報について

葬儀の基本を考えてみる

葬儀の喪主の仕事と決め方

人間はいつかは死をむかえます。親の死で重要な役割をつとめる立場は葬儀の手配をする喪主です。遺族の代表者として、弔問を受ける大切な役割を担うのは故人と縁の深い人がなります。故人の配偶者や親、長男などがつとめることになります。葬儀での喪主の仕事は弔問を受けることに専念し、通夜や告別式全般の実務は世話役に任せることになります。弔問客の受付が始まる前には身支度をととのえ、祭壇の前に座ったままで弔問を受けます。目上の方であっても失礼にはなりません。お悔やみの言葉をかけられた時は手短に感謝のお礼の言葉を言うようにします。

喪主の決め方についての基礎知識

葬儀を滞りなく進めるためには、お寺や弔問客に対応したりその他のこまごまとした事を取り決める役割をにな喪主をできるだけ早めに決めておくことが大切です。では誰が葬儀を執り行うかということでは、まず亡くなった方が遺言をしていればその内容に従って決定します。故人の方の指定がなければ、故人の配偶者が務めるのが一般的です。これには、かつての家督相続という考え方から家族の単位を夫婦とする考え方に変わってきているという背景があります。しかし、故人の配偶者が高齢などの事情で喪主になるのが困難なケースがあります。そうした場合は、子供や兄弟姉妹など故人に近い血縁の方から順番に決めていきます。

葬儀の詳しい情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀の基本を考えてみる. All rights reserved.